日本の経済の今後はどうなる?

先行きを予想してみよう

メニュー


日本の経済の今後はどうなる?先行きを予想してみよう

今後、日本の経済がどうなっていくのか、これは日本で暮らす方なら誰でも気になる部分ではないでしょうか。

不安に感じることも多い日本経済の先行きを予想してみましょう。

まず、日本経済の今後を考えるうえで絶対に欠かすことのできない要素があります。

それが人口です。

日本は今現在も人口が減少し続けており、この傾向は今後も続くと考えられています。

現在の日本の人口は1億2,000万人ほどですが、2050年には1億人を割ると予想されており、これは深刻な社会問題となっています。

人口が減るとどうなるか、当然ですが人が少なくなるので、労働力が低下します。

労働力が減るということは、経済活動も今より活発さを失う可能性があるということで、景気の悪化も予想できます。

さらに人口が減れば、物を購入する人の数も単純に減りますから、世の中に回るお金も減ることになるでしょう。

人口は経済と直結する重要な要素で、人口減少が止まらない日本の先行きは決して明るいとは言えないのかもしれません。

ただし、必ずしも今後の経済が今より悪くなるとは限りません。

日本は民間企業を中心に研究開発分野に投資しており、これによって新たな商品や技術がどんどん開発されていく可能性も残されています。

世界的に注目を集めるような何かを作り出すことができれば、それをきっかけに景気が一気に良くなる可能性もあるわけです。

また、人口が減るということは1人当たりの労働力の価値が上がるということで、就職難の現在とは違い、若い世代もしっかり働ける環境ができると予想されます。

つまり人口が減るからといって必ず景気が悪くなるわけではなく、しっかりとした対策さえ講じられればチャンスはあるのではないしょうか。

事実、世界の投資家の中には日本の将来について明るい展望を抱いている人も多く、そうした人達は日本の将来にチャンスを感じて現在投資を行っているようです。

結局のところ、今後の日本の先行きは私達や国が将来をどう捉え、どう対策をしていくのかにかかっているのでしょう。

不安に感じる問題が多いのは事実ですが、明るい材料もあるのは確かで、その材料を活かしていくことが重要になりそうです。