日本の経済の今後はどうなる?

先行きを予想してみよう

メニュー


日本政府が推進している経済戦略のクールジャパンとは?

日本政府は現在、新たな経済戦略としてクールジャパンを推し進めています。

クールというのはかっこいいというような意味合いのある言葉で、つまり日本のかっこよい部分を海外にアピールしようという戦略とイメージしてもらえればいいでしょうか。

では具体的にクールジャパンとはどんな戦略なのでしょう。

クールジャパンという戦略を簡単に説明すると、マンガやアニメを中心とした日本独自とも言える文化を海外に積極的に発信し、それによって日本のことをもっと知ってもらおうという取り組みです。

経済戦略ですから、もちろん日本の文化を発信するだけではありません。

日本の文化を発信し、外国人がそれに興味を持ってくれれば日本の商品を買ってみようかとなります。

そうすれば、従来は日本国内でしか消費されてこなかった商品やサービスが海外でも消費されるようになり、企業や人はさらなる利益を得ることができます。

つまり日本の商品をもっと海外の人達に買ってもらおうというのが、経済的な部分での目的になります。

クールジャパンを推し進める前から日本のマンガやアニメは海外でも人気があり、それならばと国が動き出したわけです。

クールジャパンというとマンガとアニメが代表的な文化になるのですが、現在ではそれ以外のものも積極的に発信されています。

基本的にはサブカルチャーに該当する文化が多いのですが、日本のファッションや伝統的な文化、さらには日本ならではのサービス対応なんかもクールジャパンに含まれるようになりました。

海外セレブが使用したことでランドセルが海外の大人に流行したことがありましたが、あれもクールジャパンの1つと言えるでしょう。

私達にとっては小学生が使うものというイメージしかありませんが、海外の人から見ると丈夫で使いやすく、しかもカワイイという評価だったのです。

また、お城や神社、お寺といった歴史的な建物も人気を集めており、これが外国人観光客の増加につながっています。

その意味では、日本人にとって馴染みの深いものはすべてクールジャパンとして発信する価値があるということでしょう。

これまで国内でしか消費活動が行われていなかった分野が海外でも注目を集めれば、それだけ経済も良くなります。

景気の悪い状態が続く日本で数少ない明るい材料、それがクールジャパンなのです。

クールジャパンを国が推し進めていることで海外でも日本文化がどんどん普及しています。

今後さらなる人気を集めると予想され、日本人にとってもメリットがたくさんありそうです。