日本の経済の今後はどうなる?

先行きを予想してみよう

メニュー


世界的にも注目されている日本の経済を支える主な産業について

バブルの崩壊以降、景気が回復しない状態が続いている日本ではありますが、世界的に見れば有数の経済大国であることは間違いありません。

小さな国である日本が世界トップクラスの経済大国でいられる理由、それが産業技術の高さです。

日本の主な産業とはなにかを見ていきましょう。

日本が世界に誇る産業と聞いて、みなさんはどんな産業をイメージするでしょうか。

多くの方がイメージするものの1つに自動車産業があるかと思います。

事実、日本の自動車製造のレベルは非常に高く、国内はもちろんのこと海外でも高い評価を受けており、世界中で日本製の自動車が走っています。

トランプ大統領に代表されるように、日本の自動車が売れすぎていることを問題視している人や国もいるほどです。

たしかにアメリカでも多くの人が日本製の自動車に乗るようになり、アメリカ国内の自動車産業は大きな打撃を受けています。

自動車メーカーのトヨタは、自動車販売台数の海外シェアで世界1位を獲得しており、それだけ優れた産業だというのがよくわかります。

他のメーカーにしても海外シェアランキングでトップ10入りしているところが多く、まさに世界に誇る産業に成長した形です。

今後も自動車業界は日本のメーカーが引っ張っていくことが予想され、景気の回復も自動車産業にかかっている部分が大きいと言えるかもしれません。

また、最近ではラーメンや寿司のように、外食産業も世界レベルで注目されています。

日本の食が海外で認められるようになり、日本食を提供するお店が非常に増えてきているのです。

私達が普段食べているものが海外の人にもウケているというのは、嬉しい気持ちもありますし新たな強みでもあります。

そして外食産業が伸びるにつれて、日本ならではのサービスも同時に注目されています。

おもてなしという言葉がブームになりましたが、このおもてなしが日本の素晴らしさを表現していると人気なのです。

さらに現在では、国が日本のマンガやアニメといったサブカルチャーをクールジャパンとしてアピールしており、自動車や外食に続く産業として期待されています。

世界中で読まれている漫画や見られているアニメもたしかに多く、今後の成長が楽しみな産業と言えるでしょう。

将来的には日本の経済を支えてくれる存在になる可能性は十分にあります。

マンガやアニメをきっかけに日本に興味を持つ外国人も多く、日本の魅力を知ってもらうためのツールとしての役割も果たしています。

このように、日本には自動車を中心に世界に誇れる産業があります。

そしてこうした産業が日本の経済を支えており、日本が経済大国でいられる要因にもなっています。

どれも技術が必要な産業ですから、日本人の技術の高さが認められた結果ということでしょう。