日本の経済の今後はどうなる?

先行きを予想してみよう

メニュー


首都圏集中型の日本を悩ませている地域格差と対策について

日本の社会問題の1つとして、首都への人口集中が挙げられます。

日本の首都である東京に極端に人が集まってしまい、その分だけ東京以外の地方に人が集まらない形です。

これによって地域格差も生まれてしまっているのですが、どんな対策が講じられているのでしょう。

言わずと知れた日本の首都である東京、企業やお店の数が多く、流行の発信地となっていることもあって若者を中心に人気があります。

将来は東京で働き、東京で暮らしたいと考えている10代も多いはずです。

やはり都会に憧れるという気持ちがあるでしょうし、それは当然のことでもあります。

しかし、こうした東京への人の流れが今、日本の問題になっています。

ただでさえ人口が減少している日本で、多くの人が東京に移ることで地方の人口はさらに減少傾向が見られ、これによって地域ごとの格差も生まれているのが現状です。

若者が減れば、その地方はどうしても活気を失ってしまいます。

働き手がいなくなってしまいますし、景気も悪化します。

景気が悪化すれば若者は仕事を求めてさらに東京へ移る、こんな悪循環が生まれているのです。

その結果、現在の日本は東京が経済的にも人工的にも良い状態になっている一方で、東京以外の地方はどこも若者を中心とした大幅な人口減少と景気の悪化に悩まされています。

では、各地方はこの現状においてどんな対策を講じているのでしょうか、また、どんな対策を講じるべきなのでしょう。

若い世代を中心に人が東京に移ってしまう理由の1つに仕事が少ないことが挙げられます。

景気の悪化によって地元では就職が難しく、仕事の多い東京へと行く流れですね。

こうした事態を防ぐため、各地方は企業誘致を推し進めるなどの対策を講じてはいるものの、現在のところ思うような成果はあがっていません。

また、魅力的な街作りをするために各種イベントを参加したり、暮らしやすい街であることをPRしたりと企業誘致以外の対策も講じています。

最近では移住することで住宅を用意してくれたり、資金を用意してくれたりする試みが話題になっています。

今後もこうした取り組みを続け、東京に行った人が戻ってくる、地元でそのまま暮らしてくれる若い世代を増やすことが重要でしょう。

でなければ首都である東京と地方の格差はさらに広がってしまいます。

若い世代を中心に、多くの人がここで暮らしたいと思えるような街を作ることができるか、ここが最大のポイントになるはずです。

人口減少が進む中、地域ごとの格差は深刻な問題つながります。

首都である東京だけが潤っていても、日本全体が活気づくことにはなりません。

日本全体の問題と考え、1人1人がどうすればいいかを考えることも重要になってくるでしょう。